取材:掛川花鳥園

取材:掛川花鳥園

2013年11月27日

花鳥園だけにハウスの中には様々な鳥がそこら中に飛び交っています。小さな紙コップに入った鳥のえさが50~100円ほどで販売しているので、鳥との触れ合い度100パーセントです。ただし、鳥は頭がいいので紙コップを持った瞬間、両肩、腕、頭、背中などにどんどん乗ってきます。鳥が苦手な人には絶対お勧めできない場所です。また、突然インコ同士の喧嘩が始まったりと大変にぎやかでした。見たことのない美しいオウムやインコが間近で見れ、手に乗せたりできるので貴重な体験ができると思います。

さらに、200円でフクロウを腕に乗せる体験コーナーがあり、特殊な厚手の手袋をしてフクロウを乗せ記念写真が撮れます。フクロウは数匹いるのですが、中でも1番人気なのはメンフクロウのポポちゃんです。ポポちゃんはテレビにも出演する売れっ子で、40分ほど並びました。しかし、いざ順番がきたというときに、子供がポポちゃんを怖がって「やっぱりヤダ!」と走って逃げてしまいました。これはうちだけでなく、他のお子さんも何人かなっていました。仕方ないので私が手袋をして乗せましたが、確かに近くでみると迫力があり、かわいい次元は超えていました。

そんなこともあるので、大温室の屋外でやっている「バードショー」がお勧めです。鷹やフクロウが頭上すれすれを飛んだり、スタッフの誘導に従い様々なショーを見せてくれます。ただし、真夏だったのでかなり日差しが厳しく、日陰がないので帽子などのアイテムが必要です。大温室を出るときに麦わら帽子の貸し出しをしていたので、借りることができます。

掛川花鳥園 についての詳細はこちら

タグ