取材:神戸花鳥園

取材:神戸花鳥園

2013年11月27日

s-botan_0820-神戸花鳥園-1.jpg

熱帯性の花に囲まれて鳥と触れ合える、屋内型の施設です。
雨でも安心!鳥好きさんには天国です!
お勧めしたいのはオオハシと触れ合えるコーナー。
プラスチックみたいな大きなくちばし、ずんぐりしたからだのコミカルなオオハシくんが飛び回っています。
ご飯(小さなカップに入った果物)を持っていると飛んできて手にとまって食べてくれますよ!

有料ですが、インコと触れ合えるコーナーもできました。
インコたちは人懐こいので、ご飯を持っていなくても手や肩にとまってくれるので、子供が大喜びでした。
モモイロインコのリンゴちゃんはおねむの時間だったのか、子供の肩にとまったままぐっすり寝てしまいました。
結構体重があるので子供はちょっと困っていましたが、「ねんねしてるから動いちゃダメ」と一生懸命こらえているのがほほえましくって(^^)
鳥さんのご飯やり券は1枚100円なのですが、手からご飯を食べてくれるのが可愛くてたまらず、ついつい何度も買ってしまうので、はじめからセットで購入するのがお勧めです(100円×6枚で500円(税込み))


睡蓮池もすばらしいですよ!
色とりどりの睡蓮が咲き乱れ、パピルスや人も乗れそうな巨大なオオオニバスの葉も見られます(でも危ないので乗らないでね(^^))
睡蓮池の奥にはドクターフィッシュのコーナー(有料)もあるので、魚に手や足をつつかれて子供が大はしゃぎしますよ!
踵や足裏がツルツルになるので、もちろんママにも嬉しいコーナーです。

神戸花鳥園 についての詳細はこちら

タグ