取材:茶臼山高原

取材:茶臼山高原

2013年12月 4日

愛知県一の茶臼山は昔ながらのスキー場やキャンプ場として知られています。
この頃、夏はそのままの草原で夏を楽しむことができてます。それより、茶臼山に入る有料道路が無料になりました!
確か1400円を払ったと。。。最近のことだと思いますが、子供を連れて行くのは初めてだったのでとても楽しみ。
春になると芝桜などを咲かしてスキー場起こし??などのイベントも開いた茶臼山の夏はとても涼しく、広々草原が広げて子供も安心して遊べます。
なにしろ、もともとスキー場のゲレンデですからね。
倒れても痛くありません。
2歳の娘はずっとでんぐり返し。芝の上が気持ちいいでしょう。

木もなく、ずっと草原の丘を登ることも、リフトを乗って上ることもできます。
リフトはやや高い割りに、苦労せず頂上までのぼれますね。
私達は歩いて頂上まで上り、くだりはリフトを乗ることにしました。

子供達はまるでアルプスの少女ハイジ。
所々ヤギも放牧されていて、ヤギに草を食べさせることもできます。
私達が行った日はとても天気がよかったので、山の向こうまで見えました。
頂上からはアルプスの山がずらり。

茶臼山はハイキングコースもちゃんと整備されて、秋は登山が楽しめます。

秋は家族そろって登山をしてみようかと思います。
意外と2歳の娘が強く、ちょっとした山でも登ってくれますので。
近くの綺麗な山の夏をこんなに涼しく、そして明るく楽しめるのもいいですよね。
湖にはボートなども楽しめます。
ゲレンデの芝生にはいくつかのテーブルもあって、誰でも座ることができます。

スキー場のレストランは割高ですので、皆シートを引いて弁当などを食べます。
私達もコンビにの弁当^^

ゲレンデなので影がないのは残念。
しかし、湖のほうに行けばちょっとした森もあって、涼しいと思います。

もともと山の上なので気温は低く、湿気も少ないです。
また秋になったら子供達と茶臼山登山に挑みます^^

茶臼山高原 についての詳細はこちら

タグ