取材:尾張富士大宮浅間神社

取材:尾張富士大宮浅間神社

2013年11月29日

尾張富士は犬山市にある標高275mの富士山です。富士山と言えば世界遺産にも登録された日本のシンボルですが、こちらの尾張富士は郷土富士というジャンルの富士山です。実は日本には山名に「富士」と付く山が各地にあります。それは、形が富士山に似ていたり、そこから富士山が見えたりしていることが由来になることが多いそうです。

尾張富士はなんといっても標高275mなので、登山の重装備がなくても、その日思い立ったらすぐ登れる山です。とは言っても、ルートがいくつかあり、本気登山をすることもできます。今回は駐車場から頂上にある大宮浅間神社へ行きました。気軽に登れると事前情報を仕入れていたのですが、案外しんどかったです。砂利道の参道を抜けると突然、石がむき出しの急な坂が出現しました。一緒に行ったママさんが妊婦さんだったので、あきらめて帰ろうとしたところ、迂回路があると地元の方から情報を頂きました。

迂回路は森の中を歩く感じです。子供たちは虫かごと網を持って、カブトムシを捕まえるとはりきっていました。しかし、中腹あたりまで来たところで、またしても急になりだし、子供たちは虫を捕まえるどころではありませんでした。網は妊婦ママさんの杖代わりとなり、引き返すに引き返せず、結局ぜぇぜぇいいながら頂上まで行きました。頂上では大宮浅間神社の名物行事でもある「石上げ祭り」の準備をしている人で賑わっていました。ご祭神は子供の守り神なので、安産と子供たちの成長を祈願してきました。そして苦労した甲斐があり、眺めは最高です!ただし、あの道をまた下山すると思うと・・・トホホ・・・です。

尾張富士大宮浅間神社 についての詳細はこちら

タグ