取材:伊吹山

取材:伊吹山

2013年11月29日

滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山です。初心者や子供でも登りやすい山です。標高は1377メートルで滋賀県では一番高い山となっています。伊吹山ドライブウェイを利用すると限りなく山頂の近くまで車で行けて、ハイキング感覚で頂上まで行くことができます。遊歩道があるので、軽装でも頂上へ行けますが、やはり山なので夏でも涼しいです。

今回は滋賀県側の1合目から登山をしました。登山口には駐車場を兼ねているお店がいくつかあり、お店の方が手招きをして、車のお客さんを呼び込んでいます。駐車料金はお店によって異なり、1日500円~1000円ぐらいでした。私たちが利用した駐車場は登山口まで10分ほど歩いたところにあり1日500円でした。

5歳ぐらいの体力のある子供であれば一緒に登ることができると思います。子供でも登りやすい理由として、登山道が森や林ではなく、野草や高原植物、シモツケ、オオバギボウシなどと背の低い植物なので、周囲が開けているところです。そのため、子供が先に行ってしまっても、遠くまで見渡せるので安心して登山ができます。五合目には自動販売機と休憩所としてベンチとテーブルがあります。

六合目あたりからは大きな石がごろごろしたところも出てきて、ややジグザグした道になりますが、基本的に迷うことはないです。伊吹山は登山中、後ろを振り返るとずっといい景色なので、とても楽しいです。天気がよければ八合目から琵琶湖が見えます。私たちが行ったときは5月で登山開始の時は薄手の長袖でも汗ばむ感じでしたが、九合目ではウィンドブレーカーを羽織りました。また、山頂の雪解け水が流れていて、泥水がはねたり、滑りやすくなっていたので注意が必要でした。

伊吹山 についての詳細はこちら

タグ