取材:豊田市交通安全学習センター

取材:豊田市交通安全学習センター

2013年11月29日

豊田の交通安全学習センターはできて2-3年しか経てない、比較的に新しい施設です。

いつも丘の上にできた遊具を遠めで見て、保育園かなーと思ってたですね。

豊田の交通安全公園はいろんな交通に関するマナーも学べる講座や施設もある上に、ちょっとした乗り物がとても楽しいところです。

ミニ汽車はゴーカートがありまして、たしか100円か50円でした。

これより、家族4人がひとつの自転車にのり、公園の信号を守りながら回れることができます。

この自転車は特殊に作られ、4人がのりますが、こぐのは一人。。。お父さんが必死でこいで公園の一周します。

子供にはヘルメットが必修で、公園内の道路は信号や一方通行など、走行のルールも学べます。お父さんはしんどいけど。

もちろん普通の子供用の自転車も借りることができるので、公園の道路で乗ることができます。

安全要員も沢山いて、交通ルールや、違反などをちゃんと見守ってくれます。車が走るわけではないので事故の心配はありません。

そして変わった形の自転車をこぐこともできます。

前輪より後輪が大きい自転車や両足でジャンプしながらこぐ自転車。腕でまわして進む自転車。。人が多いときはやっぱり時間制限がありまして、15分くらい乗れます。

しかし、乗り物いがいでも遊具が沢山ありまして、滑り台などがいっぱいあります。

観客席もありますのでそこに座れば公園が一目で眺める。

天気がいいときはそこでご飯を食べるのもいいと思います。

もちろん室内でお弁当が食べれるユティリティルームがありまして、クーラーも聴きますし、水も使える。

お弁当を持って一日過ごせる楽しい場所です。

本館の3階建てビルには交通安全などの講座が開いたりイベントが開きます。

そして3Dで車の運転体験もできますね。ちょっとめまいがするけど。

食堂はないので食べ物はちゃんと用意して行くことが大事です。

普通の公園よりはるかに勉強ができるので親にうれしい?公園かな?

豊田市交通安全学習センター についての詳細はこちら

タグ