取材:平成記念公園 日本昭和村

取材:平成記念公園 日本昭和村

2013年11月29日

昭和村はJR美濃太田駅から車で約10分、名鉄日本ライン今渡駅から車で約15分の場所にあります。電車でのアクセスはあまりよくないので、可能であれば車で行った方が便利です。昭和村は昭和30年代の日本を再現しており、素朴で懐かしい雰囲気のテーマパークとなっています。名誉村長は中村玉緒さんで、写真や似顔絵の看板があちこちにありました。年に一度は来館するそうです。ちなみに、今年は昭和村開園10周年ということで、中村玉緒さんグッズなども販売されるとのことです。

入り口を入るとすぐに「かいこの家」があり、縁側に子供たちが集まっていました。のぞいてみると、なんと本物のかいこがいました。かいこは大きくて大人の手の甲ぐらいはあります。また、実際に触ることができて、子供たちは恐がる様子もなく喜んで手にのせていました。大人たちはというと、とくにお母さんたちは、かいこを手にのせて喜ぶ我が子を遠くから写真に撮っていました。かいこを手にのせた子供が近づいてくるとちょっとした悲鳴がわいたりしていて、おかしかったです。飼育係のおじさんがかいこから絹糸が作られる過程などを説明してくれて、大変勉強になりました。

昭和村の各施設では、昔の遊びや陶芸、染色、そば打ち、とうふ作りなど様々な体験をすることができます。体験ごとに料金が設定されていて、毎日開催しているものや土日限定など様々あります。体験の他に人気だったのは動物たちと触れ合えるコーナーです。100円で餌をあげることができますが、食欲が旺盛なので3秒で食べられてしまいます。

平成記念公園 日本昭和村 についての詳細はこちら

タグ