取材:犬山城下町

取材:犬山城下町

2013年11月29日

国宝にもなっている犬山城は名鉄犬山線の犬山駅と犬山遊園駅のほぼ中間にあります。犬山駅からも犬山遊園駅からも徒歩でいけます。犬山遊園駅からは木曽川を右手に犬山城正面に見ながら木曽川遊歩道を歩けます。案内ではお城まで徒歩15分となっていますが、子供と一緒だったので30分ぐらいかかりました。途中にお店は少なく、城下町といった雰囲気はありません。ただし、犬山城の全景が見れ、夜にはライトアップされているので、どちらかと言えばカップルにおすすめのコースです。

メジャーな行き方としては、犬山駅の西口から本町通りを歩いて行くコースです。犬山駅は快速特急や急行も止まるのでアクセスも便利です。どこにも寄り道せずにお城へ向かうとだいたい20~30分ほどで行けますが、城下町はたくさんのおみやげ物屋さんや飲食店、軽食、お洒落なカフェや雑貨店などが立ち並んでいるので、お城に着くまでに1~2時間は見ておいてもいいと思います。古民家を改装したお店が多く、大変味わい深い街並みです。ただし、間口や店内が小さいので、商品の置いてある棚と棚の通路も狭く、ベビーカーなどは外に置いてお店に入った方がいいです。

どんでん館や昭和横丁などにトイレがあり、休憩所もあるので一休みに最適です。どんでん館前の広場ではミニライブやイベントなどが開催されていて屋台が出ている時があります。残念なのは城下町からは犬山城は見えないことです。入場料を払って中に入って初めて見えるので、子供たちは「本当にお城あるの?」と言っていました。お昼はお城に一番近いお店の名古屋名物熱々の「味噌煮込みきしめん」を食べました。お座敷席もあり店内も広いので子供連れでも入りやすかったです。

犬山城下町 についての詳細はこちら

タグ