取材:御殿場高原 時之栖(ときのすみか)

取材:御殿場高原 時之栖(ときのすみか)

2013年11月29日

御殿場に向かったのは別の理由でもなく、第2新東名高速道路が開通したので、走りたいというドンでもない理由でした。

確かに新東名はトンネルばかりで海や山が見える東名とは違って、産業道路として徹底して作られた気もします。

そして大体東京に向かおうとすると東名を走ることになり(まだ御殿場までしか開通されてないため)、交通量も比較的に少ないし、直線道路が長く、走りやすいです。

富士山が見える時期ではないですが、とりあえず御殿場に向かう。

そして宿を探すことになりました。

時之栖というホテルがありまして、ここはいろんな形のホテルを営んでいます。

私が選んだのはロッジで、キッチン付の2LDKです。

小さい子供をつれて食堂を転々するのも確かに大変。のんびりお酒も飲めないし、ゆっくりすることもできませんね。

なので、あえてロッジを選べば近くのスーパーでこの地域の旬の物を食べ、子供ものびのび遊ぶことができます。

私達が行った時はちょうどホタルが見える時期でした。

なのでホテルで食事を終え、ホタルを見に行くことに。

夜の暗い川沿いをキラキラ飛んでるホタルは子供だけではなく、大人も感激します。

虫は触ることすらできない都会育ちの私も、子供のためにホタルを手のひらに乗せることに。

いまだに子供達はそのときのホタルの風景を忘れることなく、テレビとかでホタルの放送ですぐ反応します。

やっぱり教育は読む物ではなく見て感じる物かな?

御殿場の地ビールもおいしいです。

富士山の裾野で一晩を過ごすのなら時之栖のロッジがお勧めですね。

天然温泉もとてもつるつるで、私達が入った温泉はりんごの湯でした。

本物のりんごを10個くらい浮かした温泉で、子供達は大はしゃぎ。

ちょっとした工夫で人を喜ばせることができますね(りんごは食べるだけじゃないんだ)

夜は本館のロビーでスジャズの演奏会がありました。

無料なので、無理して高い飲料を飲まなくてもソファーで聞くことができました。

いろいろイベントや楽しみを開く観光ホテルなので、子供と一緒に行ってよかったと思います。

また行くなら秋のほうが良いかもしれませんね。富士山も綺麗に見えるし、温泉も暖かい。ビールもうまい!

御殿場高原 時之栖(ときのすみか) についての詳細はこちら

タグ